道の駅 那須高原友愛の森工芸館   那須町工芸振興会公設ページ
トピック 工芸館 体験教室 手作り祭り 那須の伝統工芸 工芸振興会 会員紹介 リンク アクセス
 topic now  13 12  11  10  9 8 7 6 5 4 3 2


那須の篠工芸 後継者育成事業
〜研修会〜



那須町工芸振興会では、「那須の篠工芸」の後継者育成事業の一環として、
技術継承のための研修を実施しています。

参加したのは会員の菊池さん、野島さん。二人とも篠工芸はまったく初めて。
まずはヒネ作りから。(ヒネ=竹工芸でいうヒゴ)

   
 「ヒネ5年」というくらい、熟練を要する工程です。
下ごしらえと素材作りは地味だけれど重要な工程です。
 講師の平山さんはスイスイと作業してゆきます。
初心者にとってはなかなか難しい。


ヒネ作りの基本を教わった後はいよいよ「編み」の工程。

まずは「メカイ」の編み方から。幾何学的複雑さがあって、
最初はナニがなんだかわからない、というのが体験者の実感です。

   
 カゴ目に編み上げてゆくのはかなり複雑です。
3方向からの交差を考えながら作業を進めます。
単純に重ねてゆけばよいというものではありません。
平面から立体に立ち上げてゆきます。
交差の仕方を間違えると
やり直さなくてはならなくなります。 






だいぶカタチになってきました。
ここまででタップリ4時間がかかりました。


5日間の研修が終わるころには、手つきもだいぶそれらしくなってきました。
この調子で、少しでも技術を継承されてゆくことが期待されます。



その2


続いて第2組。渡辺さん、坂本さん。


講師の平山さんは丁寧に指導してくださいました。



最終工程のフチかがり。
これもなかなか難しい工程です。




さあ、できあがりました。

今回研修を受けた4名のみなさんには、引き続きがんばって欲しいものです。
本年度春の篠工芸研修会の模様でした。


2013/4

 topic  13 12  11  10  9 8 7 6 5 4 3 2
道の駅 那須高原友愛の森工芸館 〒325-0303 栃木県 那須郡那須町 高久乙593-8   /fax 0287-78-1185